気象警報の発令・解除にともなう生徒の登下校に関する規定

神奈川県立横浜翠嵐高等学校定時制

1.気象警報の内容とその該当地域について

@ 気象警報の該当地域は神奈川県横浜川崎(神奈川県東部)地区です。
A 臨時休校となる警報の内容は、次のとおりです。
(ア)大雨警報と暴風警報あるいは大雨洪水警報と暴風警報が一緒に発令されている場合。
(イ)大雪警報あるいは暴風雪警報が発令されている場合。
B 警報発令の有無は、テレビ・ラジオ・電話(177)・インターネット等で確認してください。

2.生徒の登校について

14時を過ぎても上記(ア)もしくは(イ)の警報が解除されない場合は、原則として臨時休校。
なお、臨時休校となる場合には本校ホームページ内「生徒向け連絡」のページでもお知らせしますので確認してください。
また、「まちcomiメール」でも配信しますので加入者は確認してください。
※ 例外措置として、大型台風の接近などによって、暴風警報等の発令が確実視されるときは、 注意報段階であらかじめ休校(半日の臨時休校)を決定する場合があります。
※ 神奈川県西部の居住者で、居住地域に臨時休校となる警報が出されている場合には、無理せず に自宅待機し、状況判断してください。この場合は出席扱いとします。

3.生徒の下校について

@ 下校の途中で休校となる警報発令を知った場合、安全に注意して直ちに帰宅してください。
A 授業開始後、警報が発令された場合、原則として下校させます。
※ なお、例外措置として、数時間後の警報解除が確実視されている場合は、生徒を学校に 留め置き、警報解除後に帰宅させる場合があります。

4.生徒への注意

@ 警報が解除された後でも、交通状況や道路の事情など何らかの事情によって登校が困難な 場合は、登校を見合わせ、後日担任に連絡してください。
A 警報に関する学校への問い合わせは,緊急時以外はしないでください。
B上記の規定に関わらず緊急連絡で学校から指示があった場合はその指示に従ってください。